News & Topics

【Moodle公式情報】Moodle HQ CEO兼創設者のMartin Dougiamas氏からのメッセージ – 2021年の総括<翻訳>

MoodleプレミアムパートナーとしてMoodle公式情報の翻訳をお届けします。

2021年がどれだけ忙しかったかを振り返ると同時に、Moodleが達成した多くのマイルストーンを祝いたいと思います。

まず第一に、そして最も重要なことですが、教育者、開発者、学習者、マネージャー、管理者、パートナー、そしてMoodle HQチームメンバーなど、Moodleコミュニティの皆様のご関与とご支援に感謝申し上げます。先月、私たちは、Moodleが最初にソースコードをコミットしてから20周年を迎えました。それ以来、私たちのコミュニティのコラボレーションは、57か国からの何千人もの開発者と128,000以上のコードコミットを含み、登録されたMoodleコミュニティは、現在、世界中で3億人以上の人々を含んでいます。

私は、Moodleが9月に公式の「Certified B Corporation (B Corp)™ 」(※1)になるという栄誉を達成したことを非常に誇りに思っています。この認証は、私たちにとって非常に重要なものであり、Moodleが目的優先の組織であり、私たちの使命、オープンソースの哲学へのコミットメント、株主価値だけでなく、教育者、学習者、従業員、お客様、社会、環境への影響を考慮した実践を行っていることが認められたのです。

(※1 非営利団体B lab(本拠地:米国ペンシルバニア州)が運営する認証制度です。BはBenefitを意味し、環境、コミュニティ、従業員などのすべてのステークホルダーに対する包括的な利益を生み出す公共性の高い企業に与えられる認証です。環境・社会に配慮した事業を行っており、透明性や説明責任などB Labの掲げる基準を満たすことが認証条件となります。)

当社は、これまで同様、オープンソースプラットフォームとしてのMoodle LMSにコミットしており、年初には、Moodleのオープンスタンダードの使用に関する信頼性と透明性の指標である「Standards First Pledge」(※2) に署名しました。この年、私たちはMoodle LMS 3.11のリリースを祝いました。このリリースには、他の改善点に加えて、新しいアクセシビリティ・チェッカー・ツールキットとアクティビティ完了機能が含まれています。私たちは、2022年の第1四半期に予定されているMoodle 4.0のリリースを非常に楽しみにしています。広範なディスカバリープロセスから得られた情報をもとに、Moodle 4.0には、ナビゲーション、コースページ構造、ダッシュボードの改善など、コミュニティが求めていた一連のUXの改善が含まれます。

(※2 Edtechとラーニングインパクトを推進する世界有数の非営利団体IMS Global Learning Consortium(本拠地:北米)が開始した、デジタルエコシステムの相互運用性を促進するStandard Firstプログラムです。)

2021年には、Moodleコミュニティのために2つの重要なオープンソースの取り組みを開始しました。1つ目のMoodle Academyは、Moodleを使ったオンライン教育に関するあらゆることを学べる場所です。Moodle Academyは、年内に一連のウェビナーでスタートし、2022年には拡大して、教育者、管理者、デザイナーまたは開発者に、ベストプラクティス、交流、専門的な開発のコミュニティを提供する予定です。ご存知の方も多いと思いますが、私は教育の未来の中心となるオープンな教育インフラの提唱者であり、最近、オープンな教育資源を収集、管理、共有するための新しいソーシャルネットワークの始まりであるMoodleNet 2.0を立ち上げました。Moodle LMSおよびMoodle Workplaceと統合され、教育者は自分のコースに必要なリソースを簡単に見つけることができるだけでなく、他の教育者とオープン教育コンテンツを共有することができます。是非、このネットワークに参加して、この重要な動向の一員となってください。

Moodle LMSの強力な基盤を拡張したMoodle Workplaceは、より多くの組織が、従業員のスキル開発をサポートし、人材を維持し、包括性と多様性の文化を維持するための中心として、学習の文化を受け入れていることから、力強さを増しています。Moodle LMS 3.11の改善点を取り入れたMoodle Workplace 3.11のリリースには、強化されたカスタムレポート機能や、新しい「Learning Overview」および「My Teams」タブが含まれています。互恵関係の中で、Moodle LMSはMoodle Workplaceの開発に貢献し、一方、ワークプレイスでの学習のために作成された強化機能は、オープンソースコードおよび機能として、私たちのコミュニティおよびMoodle LMSに知識を提供しています。例えば、Moodle Workplaceの機能であるカスタムレポートは、Moodle 4.0に標準機能として組み込まれています。

Moodleの重要な部分は、当社の認定サービスプロバイダネットワークであり、当社の製品開発チームに持続可能性を提供しながら、当社のコミュニティをサポートしています。当社のネットワークは拡大を続けており、現在100社以上のグローバルパートナーがお客様のMoodleソリューションを最大限に活用するお手伝いをしています。今年、当社のパートナーネットワークは、米国空軍、英国警察大学、ダブリンシティ大学、モナッシュ大学、McGraw Hill、ヨルダン大学、Norwegian Ageing and Health、Network Rail、Louisiana Research Centre for Educatorsなどのお客様のために刺激的なプロジェクトを完了しました。

また、新たなパートナーとして、Balance Internet(オーストラリア)、Buen Data(コロンビア)、Catalyst(カナダ)、CNW System Integrator Co. (ハンガリー)、Eummena (ベルギー)、Industria Elearning (ペルー)、Sparkfore (スウェーデン)、Vextur (ラトビア・リトアニア)を2021年のMoodle Certified Service Providerプログラムに迎え入れることができました。また、新しいプレミアムパートナーであるIThink UPCとPraxisにもお祝いを申し上げます。Moodleの認定サービスプロバイダのみが、カスタマーサービスと技術力における当社の厳格な基準によって承認されます。

2021年の主なハイライトは、米国の認定パートナー3社の買収により設立されたMoodle USの立ち上げです。これは、My Learning Consultants、Moonami Learning Solutions、Elearning Expertsの3つの米国認定パートナーを買収することで実現しました。多くの経験豊富なMoodleの専門家と技術を結集して、米国の教育者や組織に最高のMoodleサービスを提供することができるのは素晴らしいことです。また、Moodle USは、Moodle認定サービスプロバイダとその顧客のネットワーク全体に利益をもたらす、ホスティングおよびサービス技術の開発の中心地となるでしょう。

個人的には、今年は全く旅行しませんでしたが、8つのオンラインMoodleMootで多くのMoodle国際コミュニティのメンバーと交流することができました。革新的なMoodleの使用例を聞くといつも刺激を受けますし、来年は直接イベントでお会いできることを期待しています。

今年はすべてのMoodle製品、サービス、およびイニシアチブにおいて、努力と成果を重ねた1年でした。私は、皆さんの貢献と皆さんがMoodleファミリーの一員でいてくださることに感謝しています。

ここMoodle HQのすべてのスタッフから、皆さんの平和と幸運を祈ります。

Moodle HQ 創設者兼CEO Martin Dougiamas

原文はこちら

Moodleについてはこちら

アーカイブ

CONTACT

Zoomでのご相談も承ります。

Web会議システムでのご相談も承ります。
実際のMoodleの画面を共有して、
詳しいご説明させていただきます。
お問い合わせフォームよりお申込みください。