「Moodleの過去の罪」を克服する

Moodleの間違えた運用方法、正しい選択肢について英国のMoodleパートナーである eThink Education社が有益な記事を書いています。
日本にも当てはまる内容が多いので翻訳をさせていただきました。

こちら要約です。

  • Moodleはオープンソースであり無償で使うことができる。
  • Moodleの経験が少ないベンダー、組織内部による管理ではそのパフォーマンスを十分に発揮することができない事が多い。
  • 安定した運用を求めるならば経験豊富なMoodleパートナーを選定すべきである。




ラーニングマネジメントシステム(LMS)を評価していた見込み顧客との最近の電話で、「Moodleについてポジティブなことを聞いたことがない」と聞きました。その内容の大胆さは驚くべきものでしたが、感情は残念ながらそうではありませんでした…

クライアントと話すとき、Moodleに対する最も一般的な異論の1つは、通常、Moodleサイトの実装が不十分な過去の経験に起因することがよくあります。 eThinkでは、これを「Moodle過去の罪」と呼んでいます。

よくあるMoodleへの異論のほとんどは、Moodleが不十分な実装となってしまった経験がある、またはそのような経験について間接的に聞いたことがある、ということから生まれています。貧弱なソフトウェアが実装されることはMoodleに限りません。オープンソースであり、無料で利用できるということがそのような残念な結果を生み出す原因ともなるのです。オープンソースであることが、Moodleの最大の強みの1つですが、その一方でやり方次第では貧弱な実装ともなり得るわけです。 Moodleの過去の罪を犯さないようにし、オープンソースのLMSを最大限に活用する方法を説明します。

自前運用の適切さの欠如

Moodleを自前運用している大学や企業がMoodleを最初に採用した理由は、無料のソフトウェアであることが一般的です。 Moodleは確かに無料ですが、子犬(またはMoodleサイト)の世話に時間とリソースを費やす必要があるという意味では、「子犬のように無料」であると言いたいです。

しかしながら、Moodleを自前運用する組織は、リソースが不足し、人員が不足しており、Moodleを最適化するために必要な時間と専門知識が不足していることが多く見受けられます。多くの場合、アップグレードして安全に保つことさえ、少人数のチームにとっては面倒なことです。その場合、これらのチームは通常、Moodleのユーザーフレンドリーで視覚的に魅力的なテーマ、他のシステムとの緊密な統合、または思慮深いサイトおよびコース編成を使用してサイトを最適化するための帯域幅または専門知識を持っていません。この適切なITリソースの欠如は、貧弱なユーザー体験と、プラットフォームとしてのMoodleについての反対につながります。したがって、Moodle過去のこの罪は克服するための障害となります。

非認定Moodleベンダーへ不満

ただし、Moodleの貧弱な実装の唯一の原因は自前運用ではありません。 Moodleにさまざまなタイプのサービスを提供するベンダーは世界中に無数にあります。認定されたMoodleパートナー(eThinkなど)とそうでないものがあります。

残念ながら、以前の非認定Moodleベンダーに不満を抱いている見込み顧客からの多くの話も聞いています。これにより、Moodleエクスペリエンス全体が汚染され、ユーザーが(誤って)問題をMoodleプラットフォーム自体に起因する場合があります。

Moodleのカスタマイズが間違っている

また、Moodleをカスタマイズして、特定の要件を満たす可能性のある見込み顧客にも出会います。 Moodleコードはオープンであるため、プラットフォームをカスタマイズする機能は、組織をMoodleに引き付けるものの1つです。しかし、Moodleを大幅にカスタマイズした組織は行き詰まり、アップグレードできなくなることがよくあります。これにより、セキュリティの脆弱性が生じるだけでなく、将来のリリースで新製品の機能を享受できなくなります。

最終的に、カスタマイズよりも構成が柔軟で将来性のあるソリューションを維持するための鍵となります。必要なのは、Moodleサイトを安全かつ最新に保ち、継続的な改善のために最適化するのに役立つ適切なMoodleプロバイダだけです。

Moodleの過去の罪を克服し、Moodleの本質を強調する

Moodleの過去のこれらの罪は、Moodleとは何か、プラットフォームで何ができるか、何ができないかについての先入観として現れる可能性があり、一部のMoodleユーザーはMoodleから離れ、他の人はMoodleをまったく考慮しなくなります。これらの「罪」を克服するために、Moodleで利用できるほぼ無限の可能性を見込み客に示すことがeThinkの私たちの仕事です。

ユーザーフレンドリーなテーマ、堅牢なモバイル機能、緊密な統合機能、Moodleが提供できる広範なレポート機能を紹介します。私たちは将来のクライアントが必要とするものと彼らが達成したいものに耳を傾け、Moodleがそこにそれらを得ることができる多くの方法を説明します。

私たちのeラーニング専門家チームは、Moodleを最大限に活用することに関して、卓越した顧客サービスとガイダンスを提供します。 Moodleはツールを提供します。私たちは、Moodleの過去の罪による予約をクライアントが克服するのに役立つ専門知識とワールドクラスのサポートを提供し、新しいMoodlerがプラットフォームに夢中になれるようにしながら、以前と現在のMoodlersにプラットフォームへの愛情を再燃させる同様に!

株式会社 イーラーニング

株式会社イーラーニングでは、Moodleを用いてお客様の会社、学校に最適なeラーニングを提供しています。 Moodleでの構築、サポート、教育、コンテンツ開発、SCORM 対応等をワンストップでお受けしています。また、内製eラーニングのアドバイス等もさせていただいています。

このページのコンテンツは役に立ちましたか?

コメントは受け付けておりません。